7人制サッカー協会 オフィシャルブログ

7人制サッカーを中心に活動してる元サッカー日本代表山田隆裕と愉快な仲間たち

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第七章 インターハイ予選

皆さんは夏といえば甲子園とくると思いますが、サッカーにも影に隠れて夏のインターハイがあるのです。

我が清商にはこのインターハイ(全国大会)に出場する意味と言いますか、モチベーションが2つありまして、1つは勿論インターハイ優勝。夏の王者と言うタイトルを目指すのがあります。もう1つがインターハイ(全国大会)に出場できないとその年の夏休みは果てしなく長く、そしてどこまでも厳しい無限地獄が待っている訳でして、つまり全国大会に出場すればその無限地獄には行かなくてもすむという事なのね

なのでどちらかと言うと夏のタイトルよりもそちらを回避したいという気持ちや意味あいのほうが強かった訳です。入学間もない私はその地獄の程度を知らなかったと言うのもあって少し先輩達に比べて軽く考えていたのも事実だったのです。

当時は清商、清水東、東海第一、藤枝東、静岡学園などが戦力的に競っていて力の差はなく、どこが勝ってもおかしくなかった状況でしたね。予選が始まり順当に勝ち進みまして、決勝トーナメントに入りました

準々決勝 VS清水東戦 うちの監督は清商出身で拓殖大学に進み、母校の監督として帰ってきた訳で、監督が在学中から清水東とはライバル関係にあったらしく、監督になってからも、清水東に追いつけ追い越せでやってきたのよ。だから清水東戦となるとね、選手の誰よりも気合いが入っていたのを覚えています。

正直私達も小さい頃から高校サッカーといえば清水東高校だったんだよね。皆が清水東に憧れてあそこでプレーするものだと思い込んでいましたよ。しかし進学校という現実などにもぶち当たり色々な学校に振り分けられていくのですよ。まぁそんなこんなで色々な意味をこめた清水東戦を迎えました!!

多少の力の差があってもこの2チームの対戦は別物でしてね、どちらかが圧倒して勝つなんて事はなかった訳で必ず名勝負が生まれてしまう。大げさにいうと小さな町でしたがこの2チームが対戦する時は清水市を二分してしまう感じだったの。

この試合も激しい戦いになりまして、県予選の準々決勝であたるには勿体ない試合でした。点の取り合いの末、3-3からPK戦の末に清商が準決勝に進みました。

試合後、監督も先輩達も試合に出ていなかった皆もそして私も涙が自然と流れていたのを覚えています。勝った試合で涙がなんてこの試合が初めてじゃなかったかな? この試合のインパクトが強すぎて、準決勝のVS東海一高戦は何だか気持ちのわりには体に力が入らなかったのを覚えていますよ。てな訳で次回はインターハイ予選準決勝VS東海一高戦から振り返りますね。

↓↓クリックしたらドリブル突破MAX↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ   にほんブログ村 サッカーブログへ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 山田隆裕ブログ | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://7football.blog101.fc2.com/tb.php/8-806a75cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。