7人制サッカー協会 オフィシャルブログ

7人制サッカーを中心に活動してる元サッカー日本代表山田隆裕と愉快な仲間たち

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

頑張ろう日本!イチロー、義援金イチ億円

image23.jpg
 

マリナーズのイチロー外野手(37)が、東日本大震災への義援金として1億円を送った。所属するマネジメント会社「バウ企画」を通じて日本赤十字社に寄付した。球界では、個人の寄付としては極めて高額だ。

 イチローが東日本大震災への被災者へ、熱い思いのこもった義援金1億円を送った。所属するマネジメント会社「バウ企画」の岡田良樹代表が、同社を通じて日本赤十字社に寄付したと明かし、「今回は例外的なケース。日本の国そのものが大きな苦境に立たされているから」と経緯を説明した。1995年の阪神大震災で被災している51番は、東北の震災に関する情報を集め、熟慮の末に決断したという。

 寄付行為については自ら公表しない姿勢のため、イチローはコメントしていない。しかし、米アリゾナのピオリア・キャンプでは練習中、母国の報道陣に「メディアの方たちは大丈夫ですか」「電話はつながらない? やっぱりメールだけ?」などと話しかけ、日本の状況を気にかけていた。

 今年2月に「ふるさと納税制度」を使って、鳥インフルエンザ対策や霧島山・新燃岳火山噴火などに苦しむ宮崎県に1000万円を寄付したばかり。過去には、2000年の東海豪雨で被害を受けた愛知県に衣類1500点(約1300万円相当)を送った。1998年には兵庫県庁へ震災復興のために1000万円を届け、GS神戸(現ほっともっと)に年間シートを用意し、被災した野球少年を招待した。「生まれ故郷」と「育った故郷」に“恩返し”した。

 前日(16日)のブルワーズ戦の試合中には、仙台出身のブ軍・斎藤隆投手(41)を励まし、固い握手を交わした。「彼は神戸の震災も経験していますから、東北全土のことを思うような気配りのある言葉で、心配してくれています」とベテラン右腕が頭を下げたほど。イチローの優しさあふれる寄付金が、被災者の心に光をともすはずだ。





これはみんなが正直みんなが出来ることではない。


しかし、僕らには僕らなりにで出来ることがある。


今出来ることをみんなでやろう(^^)

スポンサーサイト

| 未分類 | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://7football.blog101.fc2.com/tb.php/66-520f70ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。