7人制サッカー協会 オフィシャルブログ

7人制サッカーを中心に活動してる元サッカー日本代表山田隆裕と愉快な仲間たち

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第十一章 セミファイナル

準決勝の組み合わせは清商VS沼津学園、清水東VS東海第一となった。私が思い描いた憧れの草薙球技場で時間をずらして行われる2試合とあって、スタンドには沢山の関係者やサッカーファンが訪れた、だが今日会場に訪れた人達の1番の目当ては清水東VS東海第一であっただろう

やはりこの両校も今まで幾つもの名勝負を繰り広げており、3年連続出場を狙う東海一とここ最近全国の舞台から遠ざかっていた清水東が名門復活をかけて戦うとあって、注目は俄然こちらに集まった。

間違いなく今回の戦いもサッカーファンにはたまらない一戦になると踏んでの事であった。第一試合がこの試合だった為、この試合を横目で見ながらのウォーミングアップに入ったがどうにも試合に目が行き集中できない。

それでも今日の試合に勝たなければこの勝者との決勝戦に進めない訳だから何とか自分の事に専念しようと努力した。

息詰まる展開の中、前半セットプレーから一瞬のすきをついた清水東が虎の子の1点を守り切り決勝進出を決めたのとともに東海一高の3連覇の野望は潰えた

第1試合の余韻が残る中我々の準決勝が始まった。正直第1試合のような張りつめた緊張感のある試合内容ではなく、準決勝ではあったが少し力の差もあり結果的に後半たたみ掛けた清商が4-1で圧勝し決勝進出を決めたと同時に1週間後同じ会場で行われる 清水東VS清水商業の因縁のライバル対決の実現を果たした


長い道のりであった。9月から予選が始まり途中の中断も含めて3カ月にわたる戦いを勝ち抜いた2校が決まった。1週間後に今年の静岡代表が決まる。これは静岡のみならず全国の代表校そして全国のサッカー関係者にとっても強い関心のある事であった。

報道陣も活発に動き出し1週間後の決勝戦に向けて、戦力分析や勝敗予想、街の声や専門家の意見などあらゆる角度からこの一戦の盛り上げをはかってくれた。我々も1週間という限られた時間であったが、対清水東戦の戦略を練り始めたが今更何かを大きく変えられる訳もなく、自分達の良いところを出そうと言う事、そして清水東の持ち味である堅い守備からのカウンターにどう対応するかの二点に絞られた。


月、火、水と日が進むにつれ少しずつ我々を取り巻く環境が変化していき、土曜日に予定されているイベントがいよいよ現実味をおびてきた と同時に3年生の先輩方にしてみれば、この試合に敗れればこれが高校生活最後の試合となる訳で、金曜日もしかしたらこれが3年生とする最後になるかも知れない練習が始まった。


明日は大事な決勝戦という事でこの日は軽いシュート練習に終始した。残念ながらレギュラーにはなれず普段は裏方さんなどに徹してくれて、なかなかボールを蹴る機会をあたえてもらえなかった3年生の先輩方もこの日は一緒にシュート練習で汗を流したのを覚えている。全ての準備は整った。長年夢見た舞台に入学して1年目にして立つことの出来る幸せを噛みしめながら眠りに就いた。

次回は決勝戦を振り返ります。


↓↓クリックしたらドリブル突破MAX↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ   にほんブログ村 サッカーブログへ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 山田隆裕ブログ | 11:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/04/08 20:22 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://7football.blog101.fc2.com/tb.php/12-5abee976

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。