7人制サッカー協会 オフィシャルブログ

7人制サッカーを中心に活動してる元サッカー日本代表山田隆裕と愉快な仲間たち

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

立ち止まっている時間はない

13日に行われたシャルケとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグで、先発フル出場を果たしたインテルDF長友佑都。チームは1-2と敗れ、2試合合計3-7でベスト8敗退が決まっている。悔しさをにじませながらも、立ち止まっている時間はないと語った。クラブの公式サイトが長友のコメントを伝えている。

「敗退への悔しさが少しあることは隠せない。でも今は、そのことについて考えて止まっている時間はないんだ。まだリーグ戦がある。これからの目標となるリーグ戦とコッパ・イタリアに集中していくよ」

シャルケ戦ではDF内田篤人と同サイドで対決。CL準々決勝という舞台で対戦した両選手は、明暗分かれた形だが、長友は次のように続けている。

「僕らは負け、彼はシャルケで勝った。彼は勝ち進んだから、日本人としては少し嬉しく思っている」

インテルはリーグ戦で首位ミランに勝ち点5差の3位。コッパ・イタリアでは準決勝でローマと対戦する。



長友選手は男の中の男だ


7人制サッカー大会ならこちら

スポンサーサイト

| 海外情報 | 19:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CL初の日本人対決!!

試合が終わると、インテル・ミラノの長友は、同僚と勝利を喜ぶシャルケの内田を見守った。内田は長友に気づくと歩み寄り、抱き合った。欧州CL決勝トーナメントで初の日本人対決が後半31分から約15分間、実現した。

 シャルケが5-2でリードし、勝敗の行方は見えていたが、同じサイドでせめぎ合った。後半ロスタイムには、内田が果敢に守備ラインの裏に抜け出してパスを受けようとしたが、素早く戻った長友が体を張って阻んだ。世界の一流選手が集まる舞台で、堂々としたプレーを披露した。

 試合後の取材ゾーンで2人は遭遇。長友が「僕らの集中が完全に切れましたね。でも諦めないよ。まだ90分あるからね。5-1で勝つよ」と宣言すれば、内田も「きょうはラッキーだった。油断なんてしてないですよ」と応戦した。お互い、13日の第2戦が楽しみのようだ。


【長友佑都&内田篤人 爆笑トーク】

 ――試合を振り返って。

 長友「シャルケとウッチー(内田)が素晴らしいプレーをした」

 内田「ラッキーでしたね。状況的には」 

 ――この結果は予想できたか。 

 長友「僕らは完全に集中力が切れた」

 内田「イタリア人は切れる?」

 長友「(チームに)イタリア人、あまりいないから。何も知らないじゃん、おまえ」

 内田「10番(MFスナイダー)超うまい」

 長友「10番って…おまえ、ちゃんとあいさつしただろ」

 内田「スナイダー、(長友さんと(身長)同じくらい?」

 ――第2戦に向けて。

 長友「お前、何でもう勝負は決まったような顔しているんだよ。俺は諦めないよ。マジ、やるよ。5―0で(勝つ)」

 内田「90分終わっただけって言いました。0―3ならいい。凄い選手がいっぱいいるし長友さんの相手はしていられないですよ」

長友選手と内田選手

長友佑都VS内田篤人 CL初の日本人対決! インテル 対 シャルケ


7人制サッカー大会ならこちら

| 海外情報 | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バルセロナ逆転8強/欧州CL

<欧州CL:バルセロナ3-1アーセナル>◇決勝トーナメント1回戦◇バルセロナ

 第2戦が行われ、第1戦のアウェーで1-2と敗れていたバルセロナ(スペイン)が、メッシの2ゴールなどでホームで3-1と勝利し、2戦合計で4-3として逆転でアーセナル(イングランド)を破って準々決勝に進出した。

 前半ロスタイムにイニエスタのパスを受けたメッシが抜け出しシュート。いったんは相手GKにはじかれたが、浮き球を左足ボレーで押し込み、バルセロナが先制した。後半8分に相手CKをブスケツがクリアミスしオウンゴールとなって追いつかれたが、その3分後にアーセナルFWファン・ペルシーが2枚目のイエローカードで退場。これでバルセロナが一気に攻勢となり、同24分にシャビが2戦合計では同点となるゴールを挙げ、同26分、ペドロが倒されて得たPKをメッシが左足で決めた。


≪試合結果≫
無題22




7人制サッカー大会ならこちら


| 海外情報 | 11:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インテル長友選手、初ゴ~~~~ル!

 6日に行われたセリエA第28節のジェノア戦で、セリエA初ゴールを挙げた日本代表DFの長友佑都。同選手は78分に途中出場を果たすと、84分にチーム5点目となるゴールを奪った。

 イタリア最大手のスポーツ紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、長友がインテルに加入して以来、最高点となる「6.5」と採点。「小さなサムライは、(ミランのフィリッポ)インザーギのように姿を変え、反転してゴールを奪った。長友がボールに触れると、サン・シーロは沸き立った」と長友のプレーを絶賛している。


さすが長友選手(*^^)v
今後のさらなる活躍を期待してます。


インテル長友、初ゴール!

長友





7人制サッカー大会ならこちら


| 海外情報 | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長友選手 デビュー

長友佑都

長友選手のインテル戦動画

 セリエA第24節(6日、インテル5-3ローマ、ミラノ)インテル・ミラノの本拠地「ジュゼッペ・メアッツァ」でデビューした長友は充実感を漂わせ、報道陣の質問に答えた。(共同)

 -ホームで初出場。

長友選手「やはり興奮した。前半からピッチに立ちたい、立ちたい、と思っていた。(レオナルド)監督にその思いが通じるようにずっと念じていた」


 -積極的に攻撃した。

長友選手「出て行けるタイミングがあるなら、どんどん行こうと思っていた」

 -ビッグクラブで出場して。

長友選手「チェゼーナはチェゼーナで良さがあって、大好き。でもサンシーロ(本拠地の旧名称)は特別。入るときは心が震えた」

 -あこがれていた右サイドバックのマイコンと一緒にプレーした。

長友選手「もうあこがれとは言いたくない。切磋琢磨して世界一のサイドバックになるために」

 -好クロスを送った。

長友選手「決めてくれ、と思ってパスを出した」





7人制サッカー大会ならこちら


| 海外情報 | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。